FC2ブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ユーザータグ

テレビ・雑誌・ネットで話題 地元で人気 ここでしか体験できない 観光地 グルメ イベント 隠れ家的スポット 宿 景色 ここならではの土産 B級グルメ 祭り 百選認定 接客 ここでしか食べられない、買えない、体験できない 絶景 行列ができてるスポット テーマパーク 部屋 郷土料理 食事 ここでしか食べられない ロケ地・小説・漫画舞台 街なみ・路地 土産 新しい観光情報 温泉 史跡・神社仏閣 風呂 レジャー施設 体験もの 紅葉 美術館 体験できない 買えない 散策・トレッキング 博物館 施設 スイーツ 行列スポット 体験  自然現象 工場見学 ツーリズム 記念館 無料 作り体験 スポーツ ご当地グルメ サービス 芸能 ライブ この時期でしか食べられない B級グルメ  民藝 科学館 この時期でしか体験できない ロケ地・映画舞台 酒造 パワースポット 工芸 この時期でしか買えない 漁港・市場・工房・酒造 世界遺産 資料館 水族館 日本の滝百選 アート 手作り 新しい土産物として人気 史料館 土産 ここならではの土産 ここでしか買えない 今テレビ・雑誌・ネットで話題 国の重要文化財 この時期でしか食べられない、買えない、体験できない 食べログで高評価 天然記念物 小説 名水 名勝指定 

スポンサードリンク

エリアから探す テーマから探す
毎年10月22日、「神事にまいらっしゃれ」の合図で始まる『鞍馬の火祭』は
京都三大奇祭のひとつに数えられます。

祭の始まりは平安時代中期。
平将門の乱や大地震など、動乱や天変地異が相次いだ時代です。
世の中の平安を願って940年に朱雀天皇の詔で御所に祭っていた由岐明神を
北方の鞍馬に遷宮することで、北の鎮めとしました。
松明、神道具を携えた行列は1キロにも及んだと言われています。
その様を見ていた鞍馬の住人達が、由岐明神の霊験と儀式を
後世に残そうと伝え、守ってきたのがこのお祭です。

各戸にかがり火が灯され、トックリ松明を手にした幼児が街道を往来した後、
小型・中型の松明を担いだ小中高生が行列が作り、
最後には大松明を担いだ若者が加わります。
やがて鞍馬寺の山門前の石段に百数十本もの松明が集まると
燃え盛る炎がひしめき、沿道にいても熱さを感じるほど。
勇壮な火祭りを是非実際に体験してみてください。


狭い鞍馬寺参道に燃えさかる約200本の松明が集中し、山門前一帯が炎の海になるところが見どころ。
10月頃開催

続きを読む »

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り ここでしか食べられない、買えない、体験できない

舞鶴に伝わる「吉原の万灯籠」は、昔クラゲが大発生し漁ができなくなり、
海神様の怒りを静めるために始まったと伝わる伝統祭りです。

万灯篭は"マンドロ"と読みます。
マンドロとは、先端部の枝葉を残した巨大な竹を真柱に
青竹でつくった小判型の枠を取り付け、その枠に7本の青竹を横棒として通します。
さらに横棒の左右先端に松明を差し込んだものです。

高さ18メートル、最大巾5メートルにもなる巨大な魚型万灯篭に
愛宕山にある愛宕神社から運んできた神火を点火し、
伊佐津川の中心でぐるぐると回転させる様は勇壮で、
京都府登録無形民俗文化財に登録されています。

ダイナミックに回る万灯篭からは火の粉が舞い立ち、
オレンジに燃える姿が川面に映える様子は、幻想的で美しいものです。
倒れそうになるたび見物客から歓声が響き、祭のムードをより盛り上げています。
ダイナミックな万灯籠の火祭りを是非ご覧ください。

近年ではベルリン国際映画祭にも出品した映画「ニワトリははだしだ」にも
取り上げらた事もあり、地元の方だけでなく遠方から見物に来る方も増えたそうです。


魚型の万灯籠に神火を点火し、川の中に立てて回転させる勇壮な火祭り。
8月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 地元で人気 百選認定

安芸の宮島、陸前の松島と並ぶ日本三景のひとつ、天橋立。
伊邪那岐命がこの地にいる伊邪那美命に会うため架けた
大きなはしごが、2人を結ぶ"愛の架け橋"となり、
ある夜、結ばれた2人をこの地に残して【天の浮橋】は地上に倒れ、
天橋立になったと伝えられています。

そんな神代の恋物語が伝わる地で
毎年、夏に行われるイベントが「炎の架橋」です。
橋を200本のかがり火で彩り、夏の夕闇に浮かび上がらせるこの行事は
良縁成就のご利益があるとも言われ、
鑚火式・点火式は結婚予定のカップルが行います。

カップルが点火するハート形の花火を合図に200本の松明に一斉に火が放たれ、
少しずつ色を濃くしていく空の下、浮かび上がる天橋立はとても幻想的です。

最近では点火式の他、フラダンスやライブ、コスプレイベントなども行われているとか。
賑やかなお祭とロマンチックな風景の両方が楽しめるイベントです。


日本三景の一つ天橋立の砂浜に約200本のかがり火を並べて天橋立の姿を浮かび上がらせる幻想的な景観が見どころ。
8月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 百選認定 ここでしか食べられない、買えない、体験できない

京都の春を告げる「北野をどり」は、毎年4月ごろに
上七軒歌舞会で催される芸妓、舞妓さんによる舞踊公演です。

上立売浄福寺の岩上座で行った温習会が、1902年北野クラブに移り、
1952年、北野天満宮1050年記念万灯会に協賛して正式に始まりました。
京都の花街では最も古い花街である上七軒の特色を生かした
少数精鋭の渋みのある舞台が人気を呼んでいます。

演目は三部構成になっており、江戸情緒たっぷりの舞踊劇を見られます。
揃いの黒裾引姿の芸妓と、色とりどりの華やかな衣装を纏った舞妓が
『上七軒夜曲』に合わせて踊るフィナーレは特に有名です。

お座敷でしか見られない舞妓さんや芸妓さんの美しい舞姿。
思わず息を飲むほど艶やかなひと時を堪能できます。


上七軒歌舞会の舞踊公演。
フィナーレには『上七軒夜曲』が流れ、島田髷の芸妓と舞妓がそれに合わせながら踊るのが有名。
4月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント ライブ 地元で人気 ここでしか食べられない、買えない、体験できない

大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに数えられる「祇園祭」は、
千百年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。
毎年7月1日から31日までの一ヶ月間、八坂神社を始めとする京都市内で行われます。

古くは祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、
貞観11年、日本各地に疫病が流行した際に平安京の広大な庭園であった神泉苑に、
当時の国の数66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り
さらに神輿を送って、災厄の除去を祈った事から始まりました。

1ヶ月と言う長い期間中、様々な行事が行われます。
中でも、唯一生身の稚児が乗る長刀鉾(なぎなたぼこ)を見られる
「山鉾巡行(やまぼこじゅんぎょう)」は、祭りのメインイベントとして知られています。
美しく飾られた鉾が京都の町を行く様は豪壮かつ華麗です。

14日の宵々々山(よいよいよいやま)から16日の宵山(よいやま)までは、
四条河原町から四条烏丸が歩行者天国となり、出店が京都の夜を彩ります。
多種多様な露店を見て回るのも祭りの醍醐味ですね。
浴衣や着物を着て、祇園祭を満喫してみてはいかがでしょうか。


国の重要有形民俗文化財
国の重要無形民俗文化財
無形文化遺産(ユネスコ)
京都三大祭り
日本三大祭り
日本三大曳山祭
32基の山鉾による山鉾巡業や宵山が見どころ。
京都三大祭り、日本三大祭り、日本三大曳山祭のひとつ。
山鉾は国の重要有形民俗文化財、山鉾行事は国の重要無形民俗文化財及び無形文化遺産(ユネスコ)。
7月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り 百選認定 行列ができてるスポット

| ホーム |


 ホーム  »次のページ