FC2ブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ユーザータグ

テレビ・雑誌・ネットで話題 地元で人気 ここでしか体験できない 観光地 グルメ イベント 隠れ家的スポット 宿 景色 ここならではの土産 B級グルメ 祭り 百選認定 接客 ここでしか食べられない、買えない、体験できない 絶景 行列ができてるスポット テーマパーク 部屋 郷土料理 食事 ここでしか食べられない ロケ地・小説・漫画舞台 街なみ・路地 土産 新しい観光情報 温泉 史跡・神社仏閣 風呂 レジャー施設 体験もの 紅葉 美術館 体験できない 買えない 散策・トレッキング 博物館 施設 スイーツ 行列スポット 体験  自然現象 工場見学 ツーリズム 記念館 無料 作り体験 スポーツ ご当地グルメ サービス 芸能 ライブ この時期でしか食べられない B級グルメ  民藝 科学館 この時期でしか体験できない ロケ地・映画舞台 酒造 パワースポット 工芸 この時期でしか買えない 漁港・市場・工房・酒造 世界遺産 資料館 水族館 日本の滝百選 アート 手作り 新しい土産物として人気 史料館 土産 ここならではの土産 ここでしか買えない 今テレビ・雑誌・ネットで話題 国の重要文化財 この時期でしか食べられない、買えない、体験できない 食べログで高評価 天然記念物 小説 名水 名勝指定 

スポンサードリンク

エリアから探す テーマから探す
熊野本宮大社、熊野速玉大社と共に、熊野三山に数えられる「熊野那智大社」。
自然崇拝が根付く熊野の信仰の聖地とされてきた“那智山”の一角にあります。

神武天皇が那智の海岸に上陸した時、那智山に光り輝くものが見えて
大滝を見つけ、神としてお祀りしたのが始めだとされています。
この時見つけられた滝は落差133mの日本一の直瀑「那智の滝」。
周囲の山々、そして原生林に覆われて、真っ直ぐに落ちていく姿は神々しいばかりです。
滝の落ち口の岩盤に3つの切れ目があり、3本になって滝が落ちることから
「三筋の滝」ともいわれています。

社殿は古代からの「権現造」そのままの姿で、鎮守山の緑に映えています。
創建は仁徳天皇の御代(317年)。その後、平重盛が造営奉行となって装いを改め、
やがて織田信長の焼き討ちに遭いましたが、豊臣秀吉が再興し、
徳川時代に入ってからは、将軍吉宗の尽力で享保の大改修が行われ今日に至っているそうです。
第一殿から第五殿までの本殿と鍵の手に建つ第六殿、その手前に建つ御県彦社、
そしてこれらを囲んで建つ鈴門及び瑞垣の計8棟は国の重要文化財に指定されています。

毎年7月14日には、別名"扇祭"、"那智の火祭"とも呼ばれる熊野那智大社例大祭が行われ、
盛大に火を焚いて行われる荘厳な祭りの様子を見る事ができます。
また那智山から下った那智浜には補陀落渡海の拠点となった補陀洛山寺もあり、
観光して回るのにも便利なスポットです。


紀伊山地の霊場と参詣道の一部として世界遺産に登録。

続きを読む »

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 観光地 史跡・神社仏閣 行列ができてるスポット ここでしか食べられない、買えない、体験できない

『紀伊大島』は、和歌山の沖合いに浮かぶ紺碧の海に囲まれた美しい島です。

紀伊大島の玄関口、ループ橋とアーチ橋を組み合わせた
美しい「くしもと大橋」を過ぎると歴史と神秘の島へ到着します。
島の西部にある断崖の頂上には「金山展望台」があり、
東は太地の梶取崎から荒船海岸、橋杭岩、潮岬まで
遮るものなく見渡せるパノラマは、一度は見ておきたい絶景ポイントです。

開国後の明治政府への使者を乗せた、トルコ軍艦「エルトゥールル号」が
600余名の乗員もろとも海中に沈んだ、悲しい出来事があった樫野埼には
「トルコ軍艦遭難記念碑」や「トルコ記念館」などトルコに関連した名所が数多くあります。

日本とトルコとの友好関係は、献身的な救助活動を行った
当時の東牟婁郡大島村樫野住民とトルコとの関係から始まり、
現在でもトルコの要人が日本を訪れる際には、必ずこの地まで足を運ばれるそうです。

島を囲む美しい海はダイビングポイントとしても人気が高く、
歴史、観光、マリンスポーツと様々な楽しみができる魅力いっぱいの島です。


樫野埼灯台(日本最古の石造灯台)やトルコ記念館、トルコ軍艦遭難慰霊碑などが有名。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 観光地 街なみ・路地 史跡・神社仏閣 記念館 地元で人気 隠れ家的スポット 新しい観光情報

日本を代表する文化遺産「平城宮跡」。
都が平城京から長岡京へ移った後、一時は平城京を都に戻そうとする
動きもありましたが、時は流れて都の跡は土の中に埋もれてきました。

エリア内には、朱雀門の真北約800mに堂々とそびえる「大極殿」や平城宮の正門「朱雀門」、
皇太子の宮殿があった「東院庭園」など、たくさんの見所があります。

その中のひとつ「平城京歴史館」は、中国大陸・朝鮮半島との交流と、
そこから発展した日本の国づくりの歴史を振り返り、
東アジアにおける国際交流の重要性を見つめ直す契機となるエリアです。

全長約30m、マスト高約15mの「遣唐使船復原展示」や
アニメーションでわかりやすく解説してくれる「遣唐使シアター」など
日本の歴史体験ができる施設になっています。


2010年は平安遷都1300年を記念して「平安遷都1300年祭」が行われている。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 観光地 史跡・神社仏閣 行列ができてるスポット テレビ・雑誌・ネットで話題

邪馬台国の女王「卑弥呼」の墓ではないかとも考えられている「箸墓古墳(はしはかこふん)」。
3世紀後半ころの築造で、宮内庁によって第七代孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命大市墓
(やまとととひももそひめのみことおおいちのはか)として管理されている古墳です。
日本書紀には、昼は人が造り夜は神が造ったとの不思議な記事が残されています。

箸墓古墳は全長が280mで大和では第3位、全国でも11位の大きさを誇る巨大前方後円墳。
山麓に築かれた崇神天皇陵や景行天皇陵と違い、
三輪山を背景とした平野部にあるので、より雄大かつ荘厳に見えるのが特徴です。

近隣にある黒塚古墳とともに、ドラマ化された人気小説「鹿男あをによし」の舞台となっており、
作品の空気を直に感じられるスポットとして、ファンの方が観光に来る事も増えたのだとか。

埋葬されている人物として正式に認められている倭迹迹日百襲姫尊命は孝霊天皇の娘で、
巫女としての傑出した能力をもっており様々な予言を的中させてきた人物だそうです。
なんだか謎の女性、女王・卑弥呼を思わせるようなエピソードですよね。
神秘に包まれた太古のロマンを感じられるスポットです。


一説には卑弥呼の墓ともいわれる。
万城目 学の「鹿男あをによし」の舞台。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 観光地 史跡・神社仏閣 ロケ地・小説・漫画舞台 隠れ家的スポット

「朝護孫子寺」は、標高437mの信貴山中腹にある聖徳太子ゆかりの寺です。
西暦582年、敏達天皇の時代、仏敵 物部守屋討伐の祈願の際に
虎をお供にした毘沙門天が現われ、それを聖徳太子が祭ったのが始まりと言われています。
その出会いの場所となった山は「信ずるべき貴き山」として信貴山となりました。

毘沙門天が現われた時間は「寅の年・寅の日・寅の刻」とされ、境内には多くの寅の像があります。
高さ約3m、長さ6m世界一の福寅は、寺のシンボルです。

本尊の毘沙門天は福徳と財宝を授けるといわれることから、庶民信仰が篤く、
昭和後期から毘沙門信仰の隆盛となるにつれ、多くの建造物が増築されました。
現在では、本山を中心に見るだけでも、1日かかる ほど広範囲に建造物が存在しています。 

1951年に焼失してしまったものを、1958年に再建した本堂は流石の風格で、
華美な装飾はありませんが、力強い舞台づくりの建物が印象的です。

信貴山の一帯が見渡せるため、桜や紅葉の季節の眺望は見事なほど。
ご来光を拝んだりするのにも最適です。


四大絵巻物の一つとされる「信貴山縁起」を所蔵する。(原本は奈良国立博物館に寄託)
「世界一福寅」など寅にまつわる像が多数有り、阪神タイガースファンに有名。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 観光地 史跡・神社仏閣 地元で人気

| ホーム |


 ホーム  »次のページ