FC2ブログ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ユーザータグ

テレビ・雑誌・ネットで話題 地元で人気 ここでしか体験できない 観光地 グルメ イベント 隠れ家的スポット 宿 景色 ここならではの土産 B級グルメ 祭り 百選認定 接客 ここでしか食べられない、買えない、体験できない 絶景 行列ができてるスポット テーマパーク 部屋 郷土料理 食事 ここでしか食べられない ロケ地・小説・漫画舞台 街なみ・路地 土産 新しい観光情報 温泉 史跡・神社仏閣 風呂 レジャー施設 体験もの 紅葉 美術館 体験できない 買えない 散策・トレッキング 博物館 施設 スイーツ 行列スポット 体験  自然現象 工場見学 ツーリズム 記念館 無料 作り体験 スポーツ ご当地グルメ サービス 芸能 ライブ この時期でしか食べられない B級グルメ  民藝 科学館 この時期でしか体験できない ロケ地・映画舞台 酒造 パワースポット 工芸 この時期でしか買えない 漁港・市場・工房・酒造 世界遺産 資料館 水族館 日本の滝百選 アート 手作り 新しい土産物として人気 史料館 土産 ここならではの土産 ここでしか買えない 今テレビ・雑誌・ネットで話題 国の重要文化財 この時期でしか食べられない、買えない、体験できない 食べログで高評価 天然記念物 小説 名水 名勝指定 

スポンサードリンク

エリアから探す テーマから探す
毎年10月22日、「神事にまいらっしゃれ」の合図で始まる『鞍馬の火祭』は
京都三大奇祭のひとつに数えられます。

祭の始まりは平安時代中期。
平将門の乱や大地震など、動乱や天変地異が相次いだ時代です。
世の中の平安を願って940年に朱雀天皇の詔で御所に祭っていた由岐明神を
北方の鞍馬に遷宮することで、北の鎮めとしました。
松明、神道具を携えた行列は1キロにも及んだと言われています。
その様を見ていた鞍馬の住人達が、由岐明神の霊験と儀式を
後世に残そうと伝え、守ってきたのがこのお祭です。

各戸にかがり火が灯され、トックリ松明を手にした幼児が街道を往来した後、
小型・中型の松明を担いだ小中高生が行列が作り、
最後には大松明を担いだ若者が加わります。
やがて鞍馬寺の山門前の石段に百数十本もの松明が集まると
燃え盛る炎がひしめき、沿道にいても熱さを感じるほど。
勇壮な火祭りを是非実際に体験してみてください。


狭い鞍馬寺参道に燃えさかる約200本の松明が集中し、山門前一帯が炎の海になるところが見どころ。
10月頃開催

続きを読む »

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り ここでしか食べられない、買えない、体験できない

大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに数えられる「祇園祭」は、
千百年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。
毎年7月1日から31日までの一ヶ月間、八坂神社を始めとする京都市内で行われます。

古くは祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、
貞観11年、日本各地に疫病が流行した際に平安京の広大な庭園であった神泉苑に、
当時の国の数66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祀り
さらに神輿を送って、災厄の除去を祈った事から始まりました。

1ヶ月と言う長い期間中、様々な行事が行われます。
中でも、唯一生身の稚児が乗る長刀鉾(なぎなたぼこ)を見られる
「山鉾巡行(やまぼこじゅんぎょう)」は、祭りのメインイベントとして知られています。
美しく飾られた鉾が京都の町を行く様は豪壮かつ華麗です。

14日の宵々々山(よいよいよいやま)から16日の宵山(よいやま)までは、
四条河原町から四条烏丸が歩行者天国となり、出店が京都の夜を彩ります。
多種多様な露店を見て回るのも祭りの醍醐味ですね。
浴衣や着物を着て、祇園祭を満喫してみてはいかがでしょうか。


国の重要有形民俗文化財
国の重要無形民俗文化財
無形文化遺産(ユネスコ)
京都三大祭り
日本三大祭り
日本三大曳山祭
32基の山鉾による山鉾巡業や宵山が見どころ。
京都三大祭り、日本三大祭り、日本三大曳山祭のひとつ。
山鉾は国の重要有形民俗文化財、山鉾行事は国の重要無形民俗文化財及び無形文化遺産(ユネスコ)。
7月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り 百選認定 行列ができてるスポット

100人の引き手により大空に100畳敷八日市大凧が舞い揚がる
「八日市大凧まつり」は、愛知川の河川敷で毎年5月の最終日曜日に開催されます。
300年の歴史を持つ、国の選択無形民俗文化財です。

八日市大凧が始まったのは、江戸中期。
男子出生を祝って5月の節句に鯉のぼりと同じように揚げられたのが始まりとされています。
村落ごとに競いあって凧揚げをしているうちに、だんだん大きくなっていっていき
明治15年には240畳敷きの大凧が揚げられたそうです。

例えば上半分に鯉の姿を描き、下に美と書いて「恋は美しい」と読ませるなど
凧の上半分に墨で絵を描き、下半分には赤色で文字を書く「判じもん大凧」としても知られ、
絵柄に沿ってすかしを入れる事で、風の抵抗を抑えた「切り抜き工法」という
全国でも類を見ない工法も特徴です。

また当日は、一般の方も100畳敷きの引き手として参加できます。
見るだけでも楽しいユニークな凧を、自分の手で大空に泳がせてみませんか。


国の無形民俗文化財
全国にも類を見ない「切り抜き工法」の大凧。
100畳敷大凧には100人の引き手が必要でまつり当日は一般の人も引き手として参加できる。
5月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り 百選認定 ここでしか食べられない、買えない、体験できない

毎年8月の始めから中頃まで行われている踊りを奉納するお祭りです。

踊りの起源は400年ほど昔、島津義弘が朝鮮の役での活躍を称えるものから始まったと言われています。お祭りは、地域住民によって大切に受け継がれ約300年もの間踊り継がれています。

太鼓踊りを中心に鹿、虎、牛、鶴のような動物を模した大きな張り子が続き、大名行列や甲冑行列などといっしょにお祭りを盛り上げます。


14の集落の代表者が踊る「太鼓踊り」や、鹿、虎、牛、鶴の大きな張り子が激しく動いて演じる見せ物などが見どころ。
・8月頃開催
・国の重要無形民俗文化財

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り 百選認定 ここでしか体験できない 地元で人気

11月の初め頃に行われる的野正八幡宮のお祭りです。秋の収穫に感謝し郷土芸能奉納や浜殿下り(はまくだり) 御神幸行列や神事を奉納します。

その中でも、高さが約4mの弥五郎どん人形やみこしなど約120人の行列が参道を練り歩く「浜殿下り(はまくだり) 」が有名です。体や着物に触ると一年間無病息災で暮らせるといわれています。

「弥五郎どん」は昔から九州に暮らしていた隼人族の族長でと言われています。大和朝廷はこの九州を納めるために役人を派遣したのですが、隼人族は役人に対して反乱を起こします。しかし、兵力の差も明からな隼人族はいくさに破れてしまいました。大和朝廷はこの時の隼人族とその首領弥五郎をおそれ、その霊を鎮めるために始めた神事がこのお祭りの始まりとされています。

今ではお祭りのシンボル「弥五郎どん」も地元の人に親しまれ、約5千人もの見物客も詰め掛けます。


竹で組んだ体に麻の衣をまとい、赤い面をつけた高さ4メートルの弥五郎どんが登場する「浜殿(はま)下り」が祭り一番のみどころ。
11月頃開催

続きを読む »

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : イベント 祭り 地元で人気

| ホーム |


 ホーム  »次のページ